館林自然育児の会 「てとての会」

2018年度 てとての会年間活動予定

わたしたちは、ママと子のこころとからだのセルフケアを目指した活動を行っている自主サークルです。
毎日の子育てを楽しむための知恵を、てとてを取り合って、みんなで一緒に学んでみませんか?
【前期】
《4月18日(水) 》心を育てる 抱っこ法 日本抱っこ法協会 会長 西川みゆき先生
~安心な親子関係を作るやりとりをしよう~
《5月16日(水)》【座談会】 オリエンテーション&顔合わせ
《6月13日(水)》おむつ・おむつ外し&おちんちん・おまたのケア
小山自然育児相談所所長  伊東厚子先生
《7月11日(水)》病院の前に! 家庭でできる手当法 &夏の過ごし方 飯山ゆみ先生
~里芋、こんにゃくなどでできる自然療法~
《9月12日(水)》ラクで楽しい母乳育児を 伊東厚子先生
~母乳によい食べ物、母乳の力、母乳とミルク&離乳食のつきあい方~
【後期】
《10月3日(水)》イヤイヤ期を支える親子関係を築こう 西川みゆき先生
~感情的になってない??ちょっと深呼吸をしてから共感してみよう~
《11月14日(水)》子育て辛くない?? インナーチャイルドでママの癒しを
魂カウンセラー 飯山ゆみ先生
《1月16日(水)》虫歯を知ろう!予防歯科&栄養について あおき矯正歯科 青木英明先生
《2月20日(水)》母と子の円満な卒乳とは&ベビーマッサージ 伊東厚子先生
~母と子が納得して卒乳する方法とおっぱいケア~
《3月13日(水)》【座談会】 ママトーク ~1年を振り返って~
◆ ご入会の方には随時メールにて詳細をお送りします
時間 10:00 ~ 12:00 
★講師をお招きして自然育児などについて学びます
場所 赤羽公民館 2階 
館林市赤生田町1950-2
対象者 妊婦さん、乳幼児子育て中の方、孫育て中の方、自然育児に興味のある方
お子さま連れで遠慮なくご参加ください
会費 500円/月 前期、後期分をまとめて集金します。(座談会は無料)
・会費についての詳細はブログをご参照ください
・見学の方 800円/回
顧問助産師 小山自然育児相談所所長 伊東厚子先生
公式ブログ QRコードまたは「館林 てとての会」 で検索♪ 
《問い合せ&ご予約》館林自然育児の会「てとての会」代表 浅沼 三恵子
mail  tetotenokai_shizenikuji@yahoo.co.jp


★見学もお待ちしています
見学ご希望の方は、日程・場所が変更になる場合がありますので、お手数ですが上記までご連絡をお願い致します


スポンサーサイト

6月おはなし会「おむつ・おむつ外し&おちんちん・おまたのケア」

皆さんこんにちは。
6月のおはなし会は、小山自然育児相談所所長 伊東厚子先生の「おむつ外し&おちんちん・おまたケア」のおはなしでした。
この夏からオムツ外しに挑戦しようとしている人も多かったと思います。
オムツを使用する文化のある人種はごくわずかということや、オムツ替えの行為自体が親子の信頼感を育むものだということなど、納得する内容に頷くママも多かったです。
また、トイレトレーニングの際、トレーニングパンツをわざわざ買うより、普通のパンツを履かせてトレーニングする方が良いということも、オムツ外しのコツと共に教えて頂きました。
そして、今回は普段あまり聞きにくい、「おちんちん・おまたケア」についても詳しく教えて頂きました。
男の子のおちんちんケアは、乳児期からが大切だということ。
男女の尿道の長さの違いによって、女の子は膀胱炎や腟炎になりやすいこと。
砂糖や糖質の摂り過ぎにも注意が必要だというお話もあり、食生活を見直すきっかけにもなった人もいたのではないかと思います。

今回は、試験的に佐野の託児サークル「ビオトープ」さんに協力頂き、参加者のお子さんを一時預かりしました。
3名のお子さんを預かりし、ママ達はゆっくり先生の話しを聞くことが出来、大変好評でした。
歩けるようになったお子さんを部屋に閉じ込めているより、預かりでのびのび遊ばせることが可能になったのは、大きな一歩だったと思います。今後も可能な限り出張託児を継続していけたらと思います。
ご協力頂いたビオトープの方、会の皆さん、ありがとうございました。
最後に、皆さんから頂いた感想の一部を紹介させて頂きます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
☆1歳9ヶ月オムツ外し、トイレトレーニングを始めた時だったので勉強になりました。オムツ替えを大切にトイレでできた時はもちろん、失敗した時には怒らず褒められるよう心がけたいです。パンツもすすんではいてくれるので、ドンドン履かせようと思います。
☆伊東先生のお話を聞いて、トイレに誘っていかない時やオムツにしたまま知らせない時に、怒ってしまうことがあり、良くないなと改めて思いました。もっと余裕をもって接したいです。
☆ちょうどこの夏にオムツを外せるように練習していたのでとても参考になりました。甘いものや冷たいものが炎症につながる1つの原因とは知らなかったので食べものにも気をつけていきたいと思いました。
☆病院に行くほどではない赤みのケアなどが知ることができて良かったです。
☆初の参加でしたが、とてもためになるお話で、特に普段聞けないような内容で良かったです。女の子のおまたケアについての冊子やお話の機会がもっと増えるといいなと思いました。今日聞いたことを今後実践していきたいと思います。貴重なお話をありがとうございました。
☆おちんちんケアをたまにしかしたことがなく、先生のお話を聞いて毎日する事が大事と知り、ハッとしました。馬油も買ってみようと思います。とても勉強になりました。トイレトレーニングも早めに始めたいと思います。
☆忘れかけていたオムツ外し何度聞いても改めて大切だなと思いました。心と心を通わせたいと思います。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ご協力ありがとうございました。
次回は7月11日、飯山ゆみ先生の「家庭でできる手当て法&夏の過ごし方」です。
皆さんのご参加お待ちしています。
文責:浅沼

6月1日 アーダブレーン肌のおはなし会

皆さんこんにちは。
あっという間に5月も終わり、梅仕事が楽しめる6月になりましたね。
日差しも強くなり、日焼けも気になる時期。
先日6月1日、肌や日焼け止めのことを知って頂きたく思い、てとての会では初の、肌のおはなし会を開催しました。
 
今回は、無添加化粧品「アーダブレーン」社長、佐藤圭さんをお呼びしました。
以前に、佐野のセーフティーショップまなべさん主催で開催されたお話会に参加し、佐藤社長の気さくな人柄と、肌のことを科学的にお話してくださる商売っ気の無いところに大変感銘を受け、ぜひ今度はてとての会でも!ということで館林にお呼びする運びとなりました。
アーダブレーンさんは、東京清瀬市の今年で32周年を迎えた会社です。
東日本大震災のとき、佐藤さんの親族がは石巻市に在住で、被害に遭われたことがきっかけで、「つめから」という日本赤十字社への活動支援もされています。
アーダブレーン詳細↓
http://www.ardorbrain.co.jp/
佐藤社長は毎日各地を飛び回るハードスケジュールの中、お越しくださいました。

子連れママたちが、話をできるだけ聞きやすいように極力フランクに質問しやすいような雰囲気を作ってくださり、私達も、どんどん前のめりに話に聞き入っていました。
佐藤さん自身のアトピー体験から、アトピーケアのお話も大変参考になるお話で、お子さんがアトピーに悩むママも熱心に質問をしていました。
また、肌のお手入れの際の、基本的な注意点を、ママたちが実際に化粧水を手に取ってつける練習もさせて頂きました。
日頃の言葉の使い方も参考になりました。プラスの言葉をどんどん使っていくと、気持ちもお肌も、いい状態になっていく。ママが笑顔でいることが子どもや家族にプラスになるということ。納得しているママさんも多かったことでしょう。
色々なお話をしてくださった中でも、印象的だったのが、山、川、海を守ることは、人を守ることに繋がり、サンゴを守ることにも繋がっていくということ。

海を守る為には、最終的に海に流れていく日常生活で使う合成洗剤や、マイクロプラスティックを含んだ製品を使わないこと。一般的に売られている日焼け止めクリームにも肌に負担をかけ、環境を汚す成分が入っていることなどを科学的なデータをもって教えてくださいました。
肌の話にとどまらず、地球環境のことも学べ、私達ママたちが子どもたちの未来の為に今から実践できることが沢山あることを痛感したおはなし会になりました。
話は中々尽きることなく、佐藤さんは結局2時過ぎまで話し続けてくださいました!
佐藤さん、沢山の裏付けある情報と説得力のあるお話を、本当にありがとうございました。
佐藤さんの熱意を、今度は私たちが行動することでお返ししたいと思います!

最後に、参加者の皆さんから頂いた感想の一部を紹介させて頂きます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
☆佐藤さんのお話にあった、持続可能な生活にとても共感しました。子育て世代であるわたしたちが気づき、子供たちに引き継いでいきたいと思います。物が溢れかえる中で、常に全成分を確認して買うのも、なかなか難しいかもしれませんが、今日お話を伺ってたしかに意識は変わりました。少しずつですが、実践していきたいなと思います。
☆子ども達のためにも、きれいな水を環境を残してあげたいと強く思いました。貴重なお話を聞ける機会をつくってくださり、ありがとうございました。
☆子どもが生まれてから、身の回りの物(食べ物、洗剤、衣服など)について気にするようになったのですが、旦那や両親からは、気にしすぎ!くらいに思われていました。しかし、今日のお話を聞いて、私たち母親が体に良いもの、環境に良いものを使おうとする事は、やはり良い事だったのだと確信しました!ただ便利な物ばかり求めている生活から抜け出し、地球や体の事を考え、子どもたちの未来を守っていく為の第一歩として、洗剤をやめ、なるべく石鹸生活をしていきたいと思いました。環境に良くない物が人に良いわけがないですよね!横文字だらけの成分表示には負けちゃいそうですが、なるべく体に良い物を選んで生活していきたいです。アーダブレーンの商品は本当に人の肌を守ろうとして出来上がった製品なんだなぁと感じました。佐藤社長の人柄の良さが伝わる講話で、このような為になる話を学校の授業で習いたかったです。
☆普段から、ナチュラルな物を選べば良い、ケミカルは悪いと思い込んでいた事が色々あった事が分かり、目から鱗でした!その他、普段から気をつけなきゃいけないと分かっていながら目をつぶっている事も、もう一度考え直す良い機会でした。気持ちも大切、楽しむことも大切、今日から出来る事がたくさんありました。
☆サイエンスを基のお話なので腑に落ちるし、また知識だけでなく「肌は第2の脳、敏感に感じることも大切に」という考え方もとても印象に残りました。早速せっけん生活へシフトしてみようと思います。そして、ワセリン有り難く使わせて貰ってます(笑)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
皆さん、ご協力ありがとうございました。
今回は初の肌のおはなし会でしたが、参加してくれた皆さんが来て良かったと言ってくれたこと、この上ない喜びです!
また次回以降も、皆さんの参加を心からお待しています!
文責:浅沼

4月おはなし会 「心を育てる抱っこ法」~安心な親子関係を作るやりとりをしよう~

皆さんこんにちは。
暖かい日が続き、すっかり初夏の風を感じる今日この頃。
4月18日、てとての会では新年度を迎えて初のおはなし会を開催しました。
今回は、日本抱っこ法協会会長西川みゆき先生による、「抱っこ法」のおはなし。
参加者は見学の方を含めて27名。
大変賑やかで活気溢れるおはなし会になりました。

今回は、昨年同様に抱っこ法についての基本的なテーマ「心を抱きしめる子育て」についてのおはなしでしたが、何回聞いてもためになる内容。
赤ちゃんが産まれた時からはじまっている、親子の呼応について。
安心感の行き交う関係は、その子にとっての一生の成長の土台となるということ。
心のやりとりを大切にすること。やりとりの結果よりもプロセスを大切にして一緒に育つ。
子どものイヤイヤにどう付き合っていくか。
日常ずっと続いていく、子どもとのやりとりについて、頷きながら聞いているママが多かったですね。
西川先生は、昨年お孫さんが産まれて、お婆ちゃまとして、その体験談を踏まえて大変分かりやすく説明してくださいました。
おはなし会の最後に質問してくれた、生後2カ月のママさん。赤ちゃんが反って上手く抱きにくいとのこと。
ポイントは、赤ちゃんを丸く抱っこすることと、親子の密着度。赤ちゃんとママの身体の凹凸に合わせて、ぴったりくるポジションを探すといいみたいです。
これも大切な、赤ちゃんとママの共同作業。お互いの心地いいを探していく感覚ですよね。
西川先生が、赤ちゃんを実際に抱っこして、見本を見せてくれました。

ほんの少しの抱っこの仕方で、赤ちゃんとママが目が合うことに感動しました。
昨年以上に、パワーアップされた西川先生の愛のある講演は、しっかりと皆さんの心に響いたことでしょう。
おはなし会の最後に、みゆき先生と記念撮影!

西川先生、今回も貴重なお話をありがとうございました。
皆さんからの感想の一部です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
   *先生のおはなしを聞いて、家での叱り方を気をつけようと思いました。なかなか言うことを聞いてくれないので困っていたのですが、やりとりを大事に、枠を変えないということを少しずつやってみようと思いました。
  *泣いたらすぐにおっぱいで泣き止ませてばかりでしたが、泣いている理由や、子どもの気持ちを理解しようとする心が大切だと思いました。とてもためになりました。
  *お話を聞き、育児をもっと楽しみながらしてみたいと思いました。泣いてる時、抱っこの時もっと自分の子どもを観察してみたいと思いました。ありがとうございました。
  *初めての子育て、娘が1歳を迎えても日々悩みながら過ごしていますが、今日の子どもと向き合う大切さ、楽しさのおはなしを聞けて、前向きに子育てできそうです。ありがとうございました。
  *貴重なお話をありがとうございました。「ああ、そうだなあ」「拒否されたことに対し理由づけや傷ついたりしていたなあ」と、自分の言動を振り返るお話ばかりでした。泣き声が聞いていられず泣きを無視してしまうことも多いので、安心して泣けるような抱っこをするだけでもできたらなと思います。
  *子どもとの関係性で泣くことは大切なんだと思いました。あきらめさせる事が大切なのではなく、納得させる事が重要な事をあらためて実感しました。
  *NOをYESにするというお話がためになりました。枠を変えずにYESに変えられるか不安ですが、やってみたいと思いました。何げない関わりも色々な意味があるのだと意識したいと思います。
  *イヤイヤ期に入ってきて、お風呂や歯磨きやお着替えがなかなかできなくなって、でも仕事の準備や保育園の準備をしなくちゃいけない中で、「やりとり」ができていなかったな~と感じました。少しでもやりとりをする、てをそえられるように気をつけていきたいです。
  *「どうして私が困る事ばかりするのか」と泣いて子どもに聞いてしまったことがあります。なかなか子どもの心を受け止めるって難しいけど、大きな心で接していこうと思いました。
  *3歳の女の子がいますが、泣き始めるとイライラしてしまう自分がいてモヤモヤしていたのですが、もっと泣かせてあげて沢山抱きしめてあげようと思いました。
  *毎回先生のおはなしは、同じ題でも内容が違い常に勉強になります。お孫さんが生まれから、さらにパワーアップもしています。いつもありがとうございます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今回は本当に沢山の感想をいただきました。全ての感想を掲載させて頂きたかったのですが、一部にて失礼します。
皆さん、ご協力ありがとうございました。
  
次回は、5月16日  オリエンテーション&座談会です。
皆さんで色々な情報交換したり、生活クラブさんの試食なども考えています。
ほっこり和やかに、今年も皆さんと仲良くなれたらと思いますので、どうぞお楽しみに🎶
皆さんとお会いできるのを楽しみにしています。
文責:浅沼

2017年度 ~1年を振り返って~

皆さんこんにちは!
温かい日が続き、春がやって来ましたね!
てとての会も、2017年度の区切りを迎えました。
以下は、今年度代表を務めてくれた、落合勝江さんからの総括の言葉です。
落合さん、本当にお疲れ様でした。
代表を務めてくれたことに、スタッフ一同、感謝の気持ちでいっぱいです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【1年間を振り返って】
スタッフのみなさま、会員になって下さったみなさま、ご協力ありがとうございました!
また、たくさんの方に見学にも来て頂きありがとうございました。
1年を終えて思うのは、講演を聞いて子育てについて学ぶことはもちろん、座談会やおはなし会の後にお弁当を食べながら、ママさん同士の交流もできる温かい場所だったなぁという事です。
私は館林が地元ではないので、近くにお友達がいませんでした。
そんな中、てとての会で毎月会うママさん達とだんだん仲良くなる事ができて、孤独感がなくなり育児も楽しくなっていきました。
色々な経験や気持ちをシェアし共感できた事も、悩んでいたのは自分だけじゃないと支えになりました。
子供達も異年齢なお友達ができて、楽しそうでした♪
私のように育児を孤独に感じている方がいたら、気軽にてとての会に参加してほしいと思います!
たくさんの学びと癒しがありますよ♪
ぜひ遊びに来てください(^^)
1年間、楽しく代表をさせて頂きました。本当にありがとうございました。
代表 落合 勝江

Menu

プロフィール

てとての会

Author:てとての会
館林自然育児の会「てとての会」は、子育て中のママと子ども達のこころとからだのセルフケアを目指したサークルです。
自然育児と言っても難しいことはありません。
こんな時代だからこそ親子の絆を深める温かな子育てをしていきませんか?
てとてを取り合って、子育ての不安や悩みを一緒に解消していきましょう。


群馬県館林市で活動していますが、市内在住の方に限らず、近隣にお住まいの 妊婦さん・子育て中の方・自然育児に興味をお持ちの方はぜひ一度見学にお越しください。
お待ちしてます!


http://tetotenokai0276.blog.fc2.com/blog-entry-5.html?sp



検索ワード・板倉町、邑楽町、大泉町、明和町、千代田町、太田市、羽生市(埼玉県)、足利市(栃木県)

最新記事

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR